2009年08月12日

自叙伝続きます!

今日も更新でございます。少し長いですが、文先生のみ言は深いですねー(>・<)

わたしが林を愛したのも、その中に世界の全ての平和があるからです。林の中の生命たちは争いません。もちろん、たがいに捕まえて食べたり食べられたりするけれども、それはお腹が減って仕方がないからそうするのであり、憎くてそうするのではありません。鳥は鳥同志、獣は獣同士、木は木同士、互いに憎み合う法がありません。憎しみなくてこそ平和が来ます。同じ種同士が互いに憎み合うのは人間だけです。国が違えば憎み合い、宗教が違えば憎み合い、考えが違えばまた憎みあいます。
今までわたしは200カ国に近い国を行ったり来たりしました。しかし、空港に降りたときに「ここは本当に平和で暖かいな」と思う国は多くはありませんでした。内戦によって、銃剣を高く掲げた軍人たちが空港を監視して、道路を閉鎖して昼夜を問わず銃声が聞こえるところも多くありました。平和を語ろうと尋ねたところで、銃により命を失うところだったことが一度や二度ではありませんでした。今日、私たちが生きている世界は、依然として、大小の紛争と葛藤が絶え間なく続いています。食べ物がなく飢えている人々が数千万ですが、軍事費に使われるお金が数千兆に達します。銃と爆弾をつくるけれども使うお金だけ惜しんでも、その多くの人たちが飢えの苦しみから免れることが出来るのです。
わたしは理念と宗教ゆえにお互いを憎んで恩讐とみなす国家間に平和の橋を架けることに人生を捧げました。イスラム教と基督教が和合するように会合の場を作ってあげ、イラクを間において対決するアメリカとソ連の意見を調律したり、北韓と南韓が和平するように助けてあげたりしました。お金や名誉が欲しくてしたことではありません。物心付いてからわたしの人生の話題は唯一つ、世界が一つになって平和に暮らすことです。別のことは願ったこともありません。昼夜を問わず平和のために生きることが簡単ではなかったけれども、ひたすらそうしているときが幸せでした。
冷戦時代に私たちは、理念により世界が二つに割れる苦痛を体験しました。その時は共産主義だけなくなれば、すぐに平和になるように見えましたが、冷戦が終わると今、より沢山の戦いが生じました。人種と宗教によって粉々になってしまいました。国境を向け合った国家同士が反目しても足らず、同じ国内でも宗教同士争い宗教で分かれて生まれた地域でまた分裂します。このように分裂した人たちは、お互いがお互いの怨讐になり、まったく心を開こうとしません。
人間の歴史を振り返る時、一番残忍でむごい戦争は国家間の戦争ではなく、人種間の戦争です。それも宗教を先立てた人種間の戦争が一番残酷です。二十世紀最悪の民族のもつれと言われるボスニア内戦では、イスラム教徒を根絶やしにするべく、人種清掃が行なわれ、子供を含む7000名余りのイスラム教徒が虐殺されました。ニューヨークの110階立ての貿易センタービルが飛行機で突っ込まれ二つに折れた9.11テロも記憶しています。この全てが民族と宗教間の紛争が招来した惨憺たる結果です。いまもパレスチナのガザ地区ではイスラエルが慣行したミサイル攻撃で数百名の人たちが命を失って、寒さと飢え、死の恐怖で震えています。
一体何のためにこのようにお互いを憎み殺しあうのか表面的な理由は様々ですが、その内実を詳しく調べてみると間違いなく宗教が関わっています。石油を巡って交えた湾岸戦争がそうであり、イスラエルを占有しようという、イスラムとイスラエルの紛争がそうです。このような人種主義が宗教という名分を肩に背負うとき、問題は本当に複雑になります。中世時代に終わったと思っていた宗教戦争の悪霊が20世紀にも依然として我々を苦しめています。
宗教戦争が絶え間なく起こる理由は、政治家たちが自身の利己的な欲望を満たそうとして、宗教間の敵対心を利用するためです。政治的な目的の以前から、宗教は方向性を失いふらふらしています。宗教が持つ本来の目的を失っているというのです。宗教は本来、平和のための存在です。全ての宗教は世界平和のに対する責任があります。しかし、逆に宗教は紛争の原因になったので嘆かわしいことです。その醜悪な裏側には、権力と資本を握った黒い政治が潜んでいます。指導者の本分は言うまでもなく平和を守ることですが、むしろその反対になり、世界を対立と暴力に追い立てています。
指導者の心が正しく立たなければ、国と民族は行く場所を失いさまようようになります。かれらは自身の腹黒い野卑な欲望を満たすために宗教と民族主義を利用するのです。宗教と民族主義の本質は悪くないですが、世界共同体に貢献するときにのみ価値があります。わたしの民族とわたしの宗教だけ正しいと主張しながら、異なる民族と異なる宗教を無視しけなすならば、その価値を失います。自己の宗教を主張して他者を蹂躙したり、他者の宗教を取るに足らないと見なして、憎しみを積み重ね戦争を引き起こすと言うなら、それはもう既に善ではないからです。わたしの民族、わたしの国だけ正しいと言うのも同じことです。
お互いを認め助け合って暮らすのが宇宙の真理です。下等動物ですらそれを知っています。猫と犬は互いに仲が悪いけれども、一つ屋根の下で共に育てるならば、互いの子供を抱いてかばって親しくすごします。こういうことは植物を見ても知ることが出来ます。木を伝って上っていくツタのつるは木の幹を頼って育ちます。しかし、木は「君はなぜわたしに巻きついて上るのか?」とツタのつるを責めません。互いのために与えながら共に生きることガ正に宇宙の原理です。この原理からそれれば必ず滅亡するようになります。今のように、民族同士、宗教同士互いにこきおろして争うことが続くならば、人類に未来はありません。絶え間ないテロと戦争により、いつかチリのように消滅することになります。しかし、希望がまったくないわけではありません。希望は間違いなくあります。
私はその希望のひもを話さずに人生を平和を夢見て生きて来ました。わたしの希望は幾重にも重なって取り囲む塀と垣根を壊してしまい、一つになる世界を作ることです。宗教の壁を壊し人種の垣根を乗り越えて、富める者と貧者の隙間を埋めたあと、むかし神様がおつくりに成った平和な世界を復元することです。お腹がすいた人も涙を流す人もいない世界のことです。希望がない世界、人間が足りない世界を治癒しようとするなば、私たちはもう一度幼いころの純粋な気持ちに戻らなければなりません。もっと沢山得ようという欲望を捨てて、人類の美しい本性を回復する道は、幼いころ父の背中におんぶされ学んだ平和の原理と愛の純潔を蘇らせることにあります。
posted by さとちゃん at 18:26| Comment(48) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。